災害時の水について

ご家庭で災害に備えて保存水を備蓄されていると思います。

ひとり1日3リットル、最低3日分は用意する必要があると言われています。

災害が発生してから3日間(72時間)が人命救助のリミットで、生存者の救助が最優先されます。
そのため、食料や水の配給などの援助が本格化するのが4日目以降となるので3日分ということなのです。

それまでは自分の命は自分で守るために3日分は備えておきましょう。

 

一般のペットボトルは賞味期限が2年のものが多いですが、備蓄用の保存水は5年から7年のものがあります。

普段からペットボトルの水を飲まれる方は「日常備蓄」で定期的に入れ替える方法で備蓄されてもいいですね。

賞味期限が切れてしまった水はトイレなどの生活用水に使えますので、捨てずに利用しましょう。

 

ところで、避難生活が長引くと、給水車に水をもらいに行くことになりますが、阪神淡路大震災を体験された方

からその時の体験を伺ったことがあります。

給水車の蛇口の口径がペットボトルの口より大きいので水が漏れて入れにくく手間取ったそうです。

でも、水をもらいに来られる人で長い行列ができていたので、ひとりで何本もペットボトルに水を入れるのは気がひけ

ポリタンクや給水袋があるとよかったと言っておられました。

ただ、給水タンクは一度にたくさんの水を入れることができますが重くて大変です。

いざという時のために、車輪がついた給水タンクやキャリーも備えておくといいですね。

それから、ペットボトルにスムーズに水を入れるために、備蓄の中に「じょうご」を入れておくのもアイデアです。

 

おすすめなのが、6リットル(ペットボトル3本分)の水が入る「非常用広口給水袋」です。

普段は折りたたんでおけて保存スペースを取らない上に、口に蓋ができるのでほこりや虫が入らず衛生面でも

バケツに水を入れておくよりは安心です。

最新の給水袋には背負い紐がつきましたので、背中にしょって運ぶこともできます。

災害を体験された方々の意見も取り入れて、防災用品はより実用的になってきました。

 

それから、震災時の断水した時に水を配ってくれる「災害時給水ステーション」について知っておきましょう。

お住まいの場所からおおむね半径2kmの距離内に1ヵ所、都内に212カ所にあります。

東京都水道局のホームページで、給水拠点を知ることができます。

 

東京都水道局 災害時給水ステーションHP

 

災害時給水ステーションのマーク